富山県南砺市井波町 よいやさ祭り 井波獅子方 2009/5/3(祭)
毎年5月3日(祝日)に開かれる「よいやさ祭」は、井波八幡宮の春季礼祭。京都の伏見稲荷の礼祭を模したもので、約200年の歴史を持っています。当日は、職人芸の粋を集めて造られた神輿が列をなし、若衆の「ヨイヤサッ、ヨイヤサッ」のかけ声も勇ましく、町をねり歩きます。その様子は、まさに豪華絢爛で町じゅうが祭一色となります。
先頭に立つ剣鉾、傘鉾 四角、六角、八角神輿がある よいやさ、よいやさの掛け声で担ぐ
女子供神輿 屋体 黒礼服で統一の囃子方
獅子あやかしは子供達が担います 金塗りの獅子頭 天狗はシャグマを被る
You Tube 動画
ファイル 獅子舞 
Adobe Flash Player でご覧ください
山下町、東町、下新町の三町内の獅子方若連中が行う。
獅子舞は神輿の露払いとして悪魔、災厄の退散の役を受け持つ You Tube 動画