富山県高岡市内一円 高岡御山祭 2009/5/1
重要有形無形民俗文化財の高岡御車山(みくるまやま)祭は一日行われ、加賀藩ゆかりの絢爛豪華(けんらんごうか)な御車山七基が高岡市の中心街を巡行した。沿道に詰めかけた大勢の観客は、高岡の工芸美術の粋を集めた御車山の優美な姿を堪能し、開町四百年の節目を彩る時代絵巻に見入った。

飾り付けを終えた七基の御車山は、午前十一時に坂下町に集合。各山町の代表が手打ちを行った後、坂下町の源太夫(げんだい)獅子を先頭に、通町(とおりまち)、御馬出町(おんまだしまち)、守山町(もりやままち)、木舟町(きふねまち)、小馬出町(こんまだしまち)、一番街通(いちばんまちどおり)、二番町(にばんまち)の順で出発した。

 沿道の観客を分け入るように進んだ御車山は、正午に片原町交差点で勢揃(せいぞろ)い式に臨み、御車山に供奉(ぐぶ)する各町の祭礼役員らが橘慶一郎市長や来賓にあいさつした。

 
 
高岡御車山は天正16年(1588年)豊臣秀吉が、後陽成天皇と正親町上皇を聚楽第に迎え奉る時に使用したもので、加賀藩初代藩主前田利家が秀吉より拝領し、二代目藩主前田利長が慶長14年(1609年)に高岡城を築くに当たり町民に与えられたのが始まりと伝えられています。京都祗園の祭礼にならって鉾山に改造され、高岡関野神社の祭礼日に神輿と共に曳廻されて以来、今日にいたるまで高岡の発展と共に継承されてきました。御車山は御所車形式に鉾を立てた特殊なもので、高岡町民の心意気と財力に支えられ、格式を保ち高岡の金工、漆工、染織等の優れた工芸技術の装飾が車輪や高欄、長押等に施された日本でも屈指の華やかな山車です。
                                              【高岡市観光物産課パンフ】 より
坂下町に勢揃いした七台の山車 御馬出町の山車 片原町交差点で勢揃(せいぞろ)い式
神座 幔幕
車輪と花傘 源太夫獅子の頭(左)胡簗と弓矢の鉾留(御馬出町山車)(中)
高岡大仏 裃姿の山役員 御馬出町の山車曳手
坂下町の源太夫(げんだい)獅子 片原町を行く通町の山車 YouTube動画 源太夫獅子